2011年09月20日

治療日記 2011.9.20

顔面神経麻痺の治療で、手術をするかどうか判断するために、
虎ノ門病院にセカンドオピニオンを受けにきました。

検査結果、アブミ骨反射の結果が良い。
急いで手術するか決める必要はないとのこと。
ホッとしました。


経験豊富な先生だということは、話している言葉から伝わってきて、
信頼できる診断結果だと、思えました。

先生曰く
・ENoGは全く反応しない人も、治って居る場合があり、金字塔のように扱うものでは無い
・個人的にはアブミ骨反応の方が信頼できると思う。

・手術するか判断のタイムリミットは、昔は三ヶ月だった。
 回復のピークが一ヶ月目と三ヶ月目にある。三ヶ月目に悪い人を手術していた。
・今は一ヶ月で手術した群が良い結果になりやすいという結果から、早く判断する方が
 良いと言うガイドラインが出た。
・良い結果とは、後遺症のない正常な回復のこと。
posted by とまとま at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。