2006年08月01日

鎖骨骨折日記(7/31)

都立豊島病院にて、2回目の診察。1週間明けて、再度レントゲンを撮って
様子を見るのだ。予約時間から待つこと30分。今日は混んでいる。
先週は火曜日だったので外来の日ではなく、特別に見てもらえたのだ。

毎週毎週X線を浴び続けるので、今回からレントゲン技師の方がつけている
鉛のスカートを履かせてもらうことにした。ずっしり重たいのよ。

レントゲンって毎回思うけれど、現像が本当に速い。10分くらいで
出来上がってしまうので、うっかりトイレに行ったら呼び出されていた。
「ああ、済みません。」と穏やかにレントゲン写真を受け取る。。

鎖骨骨折生活は、片手で慎重に全てを進めるので、何かと時間がかかる。
世の中の時間の流れについて行くのに工夫をして、時間がかかる事を
イライラしない大らかさが身についてきているのに最近気が付く。


さて、整形外科の先生に写真を見てもらうと、先週から大差ないので
順調とのこと。確かに写真みると、全然変わっていない様子が分かる。
ちょっとショック。痛みも引いてきているし、もう少し変化があるかと
期待していたのですが、、、そうですか。


ここ2〜3日、頭痛と頭の圧迫感があるので、脳神経外科にも診ても
らう事にしました。 頭部のレントゲン(またX線だ!)と、CT
をとりました。おお、これが俺の脳みその断面か。思ったより皺が少ない
かも(笑) 筋肉になっていなくてよかった。

結局脳内には異常はなくて、首や肩の筋肉が緊張しているせいだろうと
のことでした。肩凝りが起き始めているのは、確かです。


骨折部分に全然変化が見られなかったので、骨折した骨がつくまでの
段階を調べて見ました。 最初はコラーゲンでできた橋が、折れた
部分にかかってくるので、レントゲンでは見えてこないのは正常だと
分かって、ほっとしました。

先は長いなぁ。けれどたったの3カ月。 骨折生活を楽しもう。



■〜〜骨の形成段階〜検索結果〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://www.tanakageka.com/lecture/fracture/index.html

第1段階

多目的細胞が骨折部に侵入し損傷組織を速やかに除去します。そしてそれらの細胞は骨を構築する骨芽細胞になり骨折部のギャップを埋めます。

第2段階

骨芽細胞は骨折部の橋渡し(架橋形成)と新しい骨の基になるコラーゲンのフレームを作ります。コラーゲンとカルシウムの仮骨が骨折部の周りに形成され弱い仮固定ができます。カルシウムとリンの結晶とミネラルが骨を作り始めます。

第3段階

カルシウムとリンの結晶がコラーゲンでできたフレームに侵入してゆきどんどん新しい骨を作っていきます。そして時の経過とともに元の骨の形に形成され(リモデリィング)治癒します。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec05/ch062/ch062a.html

骨折の治癒過程では、炎症期、修復期、リモデリング期の3段階が少しずつ重なりあいながら進行します。骨折が起こるとその直後から、炎症期とともに治癒過程が始まります。損傷を受けた軟部組織や骨のかけら、内出血した血液などが免疫細胞によって取り除かれます。免疫細胞の活動と血流量の増加によって、骨折部位の周囲は腫れて圧痛を生じます。炎症は骨折後2?3日でピークを迎えますが、治まるまでには数週間かかります。

修復期は骨折から数日のうちに始まり、数週間から数カ月を要します。修復された新しい骨(外仮骨)がこの時期に形成されます。仮骨は最初にできたときにはカルシウムを含んでいないため、ゴムのように軟らかく弾力があり、X線画像には映りません。この仮骨は強さや安定性に欠け、わずかな力でも変形や位置のずれを生じます。3?6週間たつと、この仮骨にカルシウムが沈着して石灰化し、硬く強くなってX線画像にも映るようになります。

リモデリング期(骨が元の正常な状態に修復される時期)は、何カ月間も続きます。密度の低い外仮骨が少しずつ再吸収されて、通常の強い骨に置き換わり、その骨が本来もっていた正常な形や構造が回復されていきます。この時期になると再び骨折することはまずありませんが、その部位を動かすと軽い痛みを感じることはあります。
posted by とまとま at 23:10| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頭部の損傷はなくひとまず安心ですね。
おそらく軽い鞭打ち症状になっていると思いますのでそれが凝りとして出てきているのではないでしょうか。
様子を伺う限りでは気持ちが落ち着いて来たようですね。
擦過傷やBIKEの状態はいかがでしょうか。
Posted by goddy at 2006年08月02日 11:44
頭の検査もきちんとして 不安が1つずつ取れてきたんですね。よかったです。
ヘルメットの重要さを痛感します。もしなかったら。。って考えると怖い。そんな中でも平気でかぶらず乗ってる人を見かけるので ホント安易で、認識の浅はかさにいらつきます(それで車道がんがんだと)
私は絶対にめっとなくては乗りませんよ。あとライトもないとやばいですね。夜は。
めっとはOGKが一番良いようなので今度買い換えようとおもっています。話によるとめっとは永遠ではなく2年 遅くとも3年には1度買い換えたほうがいいんですって。素材自体の老朽化が進むそうです。
実はそこは誤認していて、永遠にもつなぁ。っておもっていたんですけど・・・身を守るためにもそこらへんはケチらないようにしようと考え直しました。
Posted by ゆこぱん at 2006年08月04日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。