2006年08月25日

鎖骨骨折日記(8/25)

鎖骨骨折から一ヶ月が経ちました。治療は順調に進んでいて、レントゲンで
骨がつき始めた様子(折れた部分にもやもや白い影がでる)が見て取れる様
になりました。あと一ヶ月、安静にしていれば骨がついて、鎖骨バンドが取れる
と思います。
ご助言、励まし頂いた皆さんに感謝の気持ちで一杯です。


整骨院の先生のアドバイスで、軽いリハビリも始めました。右手でお茶を飲む
とか、鎖骨が動かないように肩を反対の手で押さえながら腕を回したりとか、
今からやっておくと、本格的なリハビリに入った時に良いそうです。

しかし、筋力が落ちているのをまざまざと感じて、体ってこうなるんだなと
実感します。逆に考えると、シッカリ練習するとドンドン体が出来るんだな、
と、当たり前の事ですが腑に落ちました。だから練習は集中してびしっと
やるのが大事なんですね〜。



今朝は久々にローラー台に乗って、15分間だけですが運動しました。
ローラーは大嫌いでしたが、体動かすことの喜びで苦にならない。
気持ち次第でなんでも変わるんだなと思いましたよ。

「あ〜辛い」とか「嫌だ」とか「痛い」とか、悪いほうに目を向けると、
ドンドン気分が落ちて、負の連鎖でまた悪いことが起きちゃう。そんな事を
感じています。怪我して初めて、前向きポジティブ思考の意味を知る事が出来た、
そんな気がします。
posted by とまとま at 13:40| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

新宿近辺の豆腐料理や

鎖骨骨折中は、体を動かせないので、楽しみと言えば食べること。
暇さえあれば、美味しい店を探しています。
現在、体重は過去最高の64kgに達しているので、太らないグルメを目指して
以前から好きなお豆腐に注目して見ました。まだ調査段階なので、実際に行ったら
またレポートします。

■新宿近辺の、豆腐料理店

○活水料理やまと 新宿店
 http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/comment_detail/1466/
 お店HP http://www.jalan.net/kanko/SPT_172970.html
 電話: 03-3377-1233
 住所: 東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー地下1階
 定休: 無休
 平日: 11:30 - 14:00 / 17:00 - 23:00
 土曜: 11:30 - 14:00 / 17:00 - 23:00
 日祝: 11:30 - 14:00 / 17:00 - 23:00

 コメント:JR総合病院のとなり 豆腐料理専門のようです。
       ここは行ってみたい。

○牛のよたれ
 http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/3950.html
 電話: 03-3209-7204
 住所: 東京都新宿区歌舞伎町2-37-2 鈴木ビル3階
 定休: 日曜・祝日
 平日: 17:00 - 22:00
 土曜: 17:00 - 22:00
 日祝: 17:00 - 22:00

 コメント:よたれ=涎というネーミングが印象的。大阪系のお店らしい。
      店の雰囲気はよさげ。高い?

○良庵
 http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/5876.html
 電話: 03-5369-2035
 住所: 東京都新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビルB2
 定休: 無休
 平日: 17:00 - 24:00
 土曜: 17:00 - 24:00
 日祝: 17:00 - 24:00

 コメント:なし

posted by とまとま at 00:04| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Triathlon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月01日

鎖骨骨折日記(7/31)

都立豊島病院にて、2回目の診察。1週間明けて、再度レントゲンを撮って
様子を見るのだ。予約時間から待つこと30分。今日は混んでいる。
先週は火曜日だったので外来の日ではなく、特別に見てもらえたのだ。

毎週毎週X線を浴び続けるので、今回からレントゲン技師の方がつけている
鉛のスカートを履かせてもらうことにした。ずっしり重たいのよ。

レントゲンって毎回思うけれど、現像が本当に速い。10分くらいで
出来上がってしまうので、うっかりトイレに行ったら呼び出されていた。
「ああ、済みません。」と穏やかにレントゲン写真を受け取る。。

鎖骨骨折生活は、片手で慎重に全てを進めるので、何かと時間がかかる。
世の中の時間の流れについて行くのに工夫をして、時間がかかる事を
イライラしない大らかさが身についてきているのに最近気が付く。


さて、整形外科の先生に写真を見てもらうと、先週から大差ないので
順調とのこと。確かに写真みると、全然変わっていない様子が分かる。
ちょっとショック。痛みも引いてきているし、もう少し変化があるかと
期待していたのですが、、、そうですか。


ここ2〜3日、頭痛と頭の圧迫感があるので、脳神経外科にも診ても
らう事にしました。 頭部のレントゲン(またX線だ!)と、CT
をとりました。おお、これが俺の脳みその断面か。思ったより皺が少ない
かも(笑) 筋肉になっていなくてよかった。

結局脳内には異常はなくて、首や肩の筋肉が緊張しているせいだろうと
のことでした。肩凝りが起き始めているのは、確かです。


骨折部分に全然変化が見られなかったので、骨折した骨がつくまでの
段階を調べて見ました。 最初はコラーゲンでできた橋が、折れた
部分にかかってくるので、レントゲンでは見えてこないのは正常だと
分かって、ほっとしました。

先は長いなぁ。けれどたったの3カ月。 骨折生活を楽しもう。



■〜〜骨の形成段階〜検索結果〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://www.tanakageka.com/lecture/fracture/index.html

第1段階

多目的細胞が骨折部に侵入し損傷組織を速やかに除去します。そしてそれらの細胞は骨を構築する骨芽細胞になり骨折部のギャップを埋めます。

第2段階

骨芽細胞は骨折部の橋渡し(架橋形成)と新しい骨の基になるコラーゲンのフレームを作ります。コラーゲンとカルシウムの仮骨が骨折部の周りに形成され弱い仮固定ができます。カルシウムとリンの結晶とミネラルが骨を作り始めます。

第3段階

カルシウムとリンの結晶がコラーゲンでできたフレームに侵入してゆきどんどん新しい骨を作っていきます。そして時の経過とともに元の骨の形に形成され(リモデリィング)治癒します。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec05/ch062/ch062a.html

骨折の治癒過程では、炎症期、修復期、リモデリング期の3段階が少しずつ重なりあいながら進行します。骨折が起こるとその直後から、炎症期とともに治癒過程が始まります。損傷を受けた軟部組織や骨のかけら、内出血した血液などが免疫細胞によって取り除かれます。免疫細胞の活動と血流量の増加によって、骨折部位の周囲は腫れて圧痛を生じます。炎症は骨折後2?3日でピークを迎えますが、治まるまでには数週間かかります。

修復期は骨折から数日のうちに始まり、数週間から数カ月を要します。修復された新しい骨(外仮骨)がこの時期に形成されます。仮骨は最初にできたときにはカルシウムを含んでいないため、ゴムのように軟らかく弾力があり、X線画像には映りません。この仮骨は強さや安定性に欠け、わずかな力でも変形や位置のずれを生じます。3?6週間たつと、この仮骨にカルシウムが沈着して石灰化し、硬く強くなってX線画像にも映るようになります。

リモデリング期(骨が元の正常な状態に修復される時期)は、何カ月間も続きます。密度の低い外仮骨が少しずつ再吸収されて、通常の強い骨に置き換わり、その骨が本来もっていた正常な形や構造が回復されていきます。この時期になると再び骨折することはまずありませんが、その部位を動かすと軽い痛みを感じることはあります。
posted by とまとま at 23:10| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。