2003年01月28日

2003年若潮マラソン

千葉の館山で行われた、若潮マラソンに参加いたしましたので、報告します。

■ 第22回若潮マラソン 2003/1/26 10:00AMスタート 距離:フル(42.195km)
  晴れ後曇り やや肌寒い

LAP:0-5km 20:18 入りは21分目標なので速すぎた
5-10km 20:15 40:34 徐々に体が軽くなりはじめる。
10-15km 20:26 1:01:00 抑えて走る。ランナーズハイになり、呼吸も減る。
15-20km 20:23 1:21:23 調子がいい。非常にペースが遅く感じる。
20-25km 20:48 1:42:11 ハーフで若干足のダメージを感じ始める。膝も若干痛む
25-30km 21:15 2:03:27 登りはリズムよく、下りは慎重に。膝怖い。
30-35km 22:49 2:26:16 30km過ぎから、低血糖が始まる。
             足も言うことを聞かなくなって、下りが怖い。
35-40km 22:47 2:48:59 私設エイドで食べまくる。おばちゃんと楽しく立ち話f^^;
40-41.2 5:29 2:54:29 足も呼吸もキツイ!最後に集中力
Last1km 4:06 2:58:36

【所感】
朝は快晴の中、暑いレースを予測したが、スタート後曇り空が続き
後半は寒いくらいでした。タイムが出る絶好なコンディションでした。
1位のタイムは2:23で、去年の2:30から7分速いです。仲間でもベスト更新が続出しました。

ここ1年半は膝の故障に悩まされ、過去2度のフルマラソンの機会では、どちらも
リタイアの苦水を飲んでおり、今回はとにかく「己の足でゴールに辿り着きたい」
との思いが強くありました。

10月に練習開始した当時は、JOG 10kmが限界でしたが、コアトレーニング等の
工夫を続けた結果、25kmでも違和感無く走れるようになっていました。しかし、
不安を払拭仕切れるほど回復はしておらず、3度目のリタイアも覚悟していました。
今回Best+1分40秒で、3回目のサブスリーにまとめることが出来たのは、相談に
乗っていただいた皆さんの貴重なご助言のおかげだと、感謝しております。

自分の足でゴールに辿り着く事は、何て清々しいんでしょう!最後の苦しい5kmで
力尽き果てそうになる選手を励まし、励まされ、ゴール後は健闘を称えあいました。
家に着き、荷物を整理していた時、テーピング等の治療用具が目に入り、
「俺は遂に故障を乗り越えて完走できたんだ」と実感し、胸にジンときました。
今の自分は知恵と力がつき、走りも変わりました。
故障をしたのは、良い機会だったと思っています。


【反省】
今回は無難にゴールを目指しましたが、足のばねがなくなり始めたラスト10kmで、
膝への負担が気になり、追い込めなかったのは心残りでした。限界が来てなお、
力を振り絞る走りをしたい。そのためには走りを積み重ねて、自信をつける必要が
あると思います。スピードもまだまだ足りません。

これから2年間でフルマラソン2:48、アイアンマンのマラソンで3:20で走りきる力
をつけたい。これが目標です。

posted by とまとま at 16:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | RaceReport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。